お知らせ News

大会情報

ジャンプ大会結果報告(世界ジュニア選手権)

【スキーチーム】

以前お伝えした 鴨田の「ジュニア世界選手権」

先週の2月11日(木)に女子個人戦、12日(金)に女子団体戦が行われました。

フェイスペインティングを施した鴨田。あれ、ひじきの絵は入れないの?

今回、鴨田とともに出場しているのは

一戸くる実選手(N高等学校)、宮嶋林湖選手(白馬高等学校)、櫻井梨子選手(余市紅志高等学校)。
 
会社ではいつも先輩に囲まれている鴨田ですが、
 
今回の遠征では一番のお姉さんだったんですね😊
 
それでは、以下で結果をお知らせ致します。
 
 
2021年2月11日(木) 「ジュニア世界選手権(Lhati) 女子個人戦」
 
鴨田 : 46人中 34位
 
 
残念ながら、2本目※1 に進むことが出来ず…
 
日本とは違うジャンプ台に、上手く対応することが出来ませんでした。
 
※1…ほとんどのスキージャンプ大会は、1本目の得点が30位以内の選手および
    1本目の最長不倒距離の95%以上を飛んだ選手(転倒・不転倒によらず31位以下でも)が2本目の競技に進めます。
    他にも「ノックアウト方式」というルールもありますが、それはまた別の機会に⛷
 
 
2021年2月12日(金) 「ジュニア世界選手権(Lhati) 女子団体戦」
 
日本 : 10か国中 4位
 
 
惜しい!3位とはかなりの僅差でした…!
 
残念ながらメダルは逃しましたが、この悔しさはまた今後に繋がることでしょう。
 
 
リフトにて。奥にいるのは宮嶋選手。
 
 
20歳になる鴨田にとって、今回が最後のジュニア世界選手権出場でした。
 
本人としても納得のいく結果は出せませんでしたが、
 
見つけた課題を克服すべく 今後も練習を続けて行って欲しいですね。
 
 
鴨田選手始め、代表選手の皆さん 大変お疲れ様でした✨
 
元気に帰ってきてね!
 
 
代表の皆さん
 
 
Make many good for you .
一覧に戻る
採用情報
大地と、住まいと、生き方を支え
地域のこれからを考える。
recruit