社屋の紹介 Building

誰でも気軽に立ち寄れる場所に

2020年6月1日に新社屋へ移転しました。社屋のコンセプトは「誰でも気軽に立ち寄れる場所」。
環境負荷が小さく、デザイン性豊かな「CLT工法」にこだわりました。サスティナブルでリラックス感のある空間です。

CLT工法

先進技術への挑戦

CLTは「 Cross Laminated Timber 」の略。丸太を切り出した際に本来なら捨てられてしまう端材を交互にクロスさせて重ね、張り合わせた木材で、その強度はコンクリートにも匹敵します。また、耐震性・遮音性・断熱性に優れ、高い省エネルギー効果が期待されています。
まだ日本ではメジャーではなく、今後注目されていくと予想されている資材です。
弊社の社屋に使っているCLT 木材は、北海道産のトドマツを使用しており、「地方創生企業」を体現した建築物となっています。

デザインへの
こだわり

「イトイらしさ」を大切に

旧社屋は、1階が役員室と総務部、2階が工務部とフロアが完全に分かれていましたが、新社屋ではオフィススペースをワンフロアとし、2階は休憩場所とヒストリースペースとしました。他部署と同じフロアで仕事をすることで交流も増え、互いのことを理解し合えるようにという狙いがあります。また、2階への階段には螺旋階段を採用しており、これは弊社が上昇気流に乗ってさらに発展できるように、という願いが込められています。

着工時に「皆で作る新社屋」というコンセプトを掲げていました。
木のぬくもりを直に感じられる屋内に設置された家具は、弊社の女性社員たちが中心となって選び、社屋外構のデザインおよび設置物は、工務部の職員がプレゼンして採用されたものです。スキージャンプをイメージしたV 字デザインも随所に盛り込まれており、作る過程も含めて「イトイらしさ」が満載の、自慢の社屋です。

落成式

新社屋落成記念式典の開催

2020年9月19日、お世話になっている方々をご招待しての落成式を執り行いました。全て職員が何か月も前から準備をし、新社屋についての説明を加えながらの見学会、美味しいお料理を囲んでの懇談会などをご用意。ご好評を頂きました。
その中でも、やはり社屋へのお褒めの言葉をたくさん頂戴できましたことを誇らしく感じました。

受賞歴

これまでに頂いた賞

移転後からこれまでの期間に、いくつかの名誉ある賞を頂きました。内容については以下をご参照ください。

recruit